続々:DANTEネットワークの死活確認方法の検討

1回目の投稿2回目の投稿のつづき

2回目の投稿で、CL V2.0 ならGPOでネットワークの状態が見られる!という事を発見した旨を投稿したのです。
その時の疑問が、「何を検出してGPOに出しているの?」でした。

本日、ふらふら~っと行った某部屋に、偶然にもCL5が卓上に置いてあったので眺めていました。すると偶然にも知っていそうな方が目の前に出現したのです。
(GPOの端子を見ていて、顔を上げたら現れた!という感じでした。)

コレは聞くしかないっ!と、聞いてみたのです。

結果は、「《CL Danteポート<-->スイッチポート》 間でリンクアップしているかどうか」と説明を受けました。
CLから50メートル先にある、スイッチかRioまでのLANケーブルが切れていたり、抜けていたりした事が分かるようにしたそうです。
通信出来ているか?スイッチの先にあるRioまでのリンクがOKか?では無いとのこと。

卓の横にRio置いたらスイッチもあるわけだから、2メートルくらいの間しか見れないじゃん。。。

やっぱり、疎通確認の装置か何か作るなら、Pingを打たないとダメだな。
そういうモノじゃないと、ネットワークが正常なのか区別がつかないと思うな。

 

モヤモヤしていた事がスッキリしたので、気持ちよく眠れそうです。

カテゴリー: Network, 音響 タグ: , パーマリンク

コメントを残す